いい女・いい男とは その1

こんばんは てるです。

恋愛心理学を勉強してから、「いい女」「いい男」の定義って?条件って?などと聞かれます。

今回は個人的に思う条件を3つ挙げようかなと思います。

あくまでも個人的な意見です。

また、男女共通のことを書こうかなと思います。

さて本題に行く前に、この「いい女いい男って?」という質問の意図を明確にしたいと思います。

この質問は、たくさんの異性からモテたい!ということではなく、好きな人と一緒になって幸せになりたい!

こういう質問だと解釈して話を進めていきます。

ではお待たせしました、ぼくが個人的に思う条件は、

  • 離別感がある
  • 自分の弱さを受け入れている
  • 自分自身を愛している

です。

それではまず一つ目の離別感があるについて説明していきます。

離別感とは

いきなり慣れないワードだな~と思う方もいるかもしれません。

しかしこの「離別感」というのは非常に重要です。

がんばって説明しますので、よかったら読んでください。

離別感とは、「わたしはわたし、あなたはあなた、わたしとあなたは違うというスタンス」です。

「うちはうち、よそはよそ」っていうやつの個人版みたいな感じですかね!

この「離別感」の反対の言葉として「母子一体感」という考え方があります。

この母子一体感というのは、子が母に抱く感覚のような、やってもらって当たり前わかってもらって当たり前という感覚です。

子どもは母親から欲しいときに欲しいものをもらい、そしてもらえなければ、泣きます、怒ります。

こどもは母親には、強く甘え、わかってもらって当たり前と考えます。

このような感覚を成長してからも他者に対して持ってしまうことがあります。

そしてこの母子一体感は親しくなる、近くなる、同じものにくくられたときに強くなります。

ちょっと一体感がある場合のことを考えてみます。

一体感が強いとどうなるか

スーパーの店員さんを想像してください。

自分の品物を会計してくれている店員さんが、隣のレーンの店員さんとしゃべっていて、さらに自分の品物を雑に扱っている・・・

これが自分が住む日本だったら、もっとしっかり働いてよ!と怒りがこみ上げてくるでしょう。

ただこれが海外だったら、まーこんなもんかと思って、怒りも少なくはないですか?

日本という範囲でくくり、一体感を持ったから、自分の当たり前・こうあるべきを押し付けているわけです。

このくらいなら全然問題ないと思います。あくまでも例えで、このような感覚です。

ではこれをかなーりスケールダウンして、長く付き合っているカップルや夫婦の場合を考えましょう。

付き合いが長くなったカップルや夫婦は、相手が最も親しく、近い人となります。

そうすると一体感は強くなりがちです。

自分のこうするべき、こうしなければならないを相手に押し付け、わかってもらって当たり前となり、裏切られれば怒るようになります。

例えば、少しでも連絡が遅れれば、連絡は早くするべきだと怒る。

相手のために何かして、その感謝が十分でなければすねる、または怒る。

寂しい気持ちもわかってもらって当たり前と思う。

自分を優先するべきと思う。

与えてもらって当たり前と思うから、掃除、料理などやってもらって当たり前、稼いできて当たり前とやってもらったことに感謝しない。

実家や成長過程で身についた自分のルールを相手押し付ける。

こんなことが起こります。

2人の関係に溝を作っていきます。

離別感がある人

離別感がある人は、自分の期待が叶えられなくても「仕方がないか」と思えます。

相手は自分と違うことがわかっているから、相手の意見を尊重することができます。

そして、自分の考えを無理に押し付けようとはしません。

また、相手のことをわかろうとします。

自分から伝えなくてもわかってもらえるとは思いません。しっかり自分のことを伝えます。

相手にしてもらったことに感謝します。

離別感のある2人は、お互いの価値観を尊重したうえで、建設的な話し合いができます。

2人の価値観を融合して新しい文化を築き上げることができます。

そして、愛を育むことができます。

だからぼくは、好きな人と一緒になって幸せになるようないい女やいい男の条件の一つとして、

離別感がある

を挙げました。

残りの二つの条件はその2へ続きます。

ではでは。

ブログの更新情報やブログには載せられないことをtwitterで発信しています!

フォローよろしくお願いします→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください