間違いを認めると成長につながる


どうも てるです。

最近働いていたらこんなことがありました。

一緒にあるものを2人で組立ていました。

相手が間違って組み立てていたので、

「ここ間違ってるよ」

と指摘したんです。

そしたら少しむすっとして一拍置いてから、

「ですよね」

って無機質な感じに返事をしてきました。

あたかも、「知ってますけど、なにか?」って感じです。

おそらくほとんどの人はこう思うでしょう。

だったらはじめからやってよ!って。

正直、イラっとしました。

「ですよね」と言ってしまう心理

間違いを指摘された際に、「ですよね」と言ってしまうのは、どうしてなのか考えました。

やはり、自分の間違いを認めると、自分の価値を否定されたように感じてしまったり、間違いを認めることのストレスからの逃避なのかなと思います。

プライドが許さないってやつですかね。

「ですよね」以外にも、相手の指摘をスルーしたり、言い訳するのも同じような心境かなと思います。

間違いを認めないと損をする

人間関係を悪くする

間違いを指摘したときに「ですよね」と返事をする人に出会ったのは2人目です。

「ですよね」と返事する人はそんなにいないかもしれませんが、間違いを認めず、言い訳をしたり、否定する人は意外といるんじゃないかと思います。

ぼくもとっさに言い訳することがあります。

これは相手の意見を否定していることになります。

つまり相手に嫌な感情をもたれる可能性があります。

素直に自分の非を認めないことは、人間関係を崩すきっかけになりかねません。

自分に非がある場合は素直に認めましょう。

ただ、全て認めるべきということではありません。

自分に非がある場合のみです。

正当な理由があってのことなら主張すべきです。

主張の方法

しかし主張したら相手の意見を否定して、嫌な思いをさせるだけじゃないのかと思う人もいるかもしれません。

相手の指摘・意見をいきなり否定するとそうなってしまいます。

そこで相手の指摘を一度受け止めてください。

「あなたはそう思ったんだね」と。

一度受け止めた後に、「自分はこう思う」や「こういう理由があって・・・」と主張しましょう。

このようにすれば、相手に嫌な思いをさせることはあまりありません。

成長のチャンスを逃す

指摘されたことを素直に認めるということは自分の改善点に気づくきっかけになります。

気付くことは成長への第一歩です。

逆に言うと認めなければ、気づけず成長には繋がりません。

自分の間違いを認める強さを持ってください。

しかし、間違いを認めるというのは大変なことだと思います。

なんか自分の価値が否定されたような気になってしまったりして悲しくなることもあります。

間違いを認めるコツ

指摘だったり、批判されたときに重要なことが2つあります。

1つ目は、「指摘や批判は、あなたの行動や発言に対してのものであり、あなた自身の人格を指摘・批判しているのではない」ということです。

怒られたときに、自分自身を批判されたように捉えてしまう人がいます。

このように捉えてしまうと、その指摘は受け入れがたいし、むかつきます。

自分の言動に対しての指摘だと受け止めて、反省し次に活かすべきなのか、考えましょう。

2つ目は、「人格を否定する権利は誰にもない」ということを自覚することです。

例えば、遅刻をしてしまい怒られたとします。

このとき、遅刻したことを怒られたのなら、それは素直に受け止めましょう。

しかし、「集合時間すら守れないのか。本当にどうしようもないやつだ」とあなたの人格を否定してきたのなら、断固として受け止めてはいけません。

反論してもいいくらいです。

ただ反論するというのはハードルが高いかもしれません。

心の中で、人格を否定されたことは華麗にスルーしてください。

どうしようもないやつということは置いといて、遅刻は良くなかったから次は気を付けよう。って感じです。

まとめ

指摘・批判は自分の改善点に気づく機会になります。それをスルーしたりせず受け止めてみてください。

指摘することはなかなかできるものではありません。勇気がいるものです。

その指摘にたいして「指摘してくれてありがとう」って言えたら良いですね。

また、人格を否定されたときは断固拒否です。

悲しいことにそういう人格を否定してくる人はいます。

その否定に対しての扱いに注意しましょう。

ではでは。

ブログの更新情報やブログには載せられないことをtwitterで発信しています!

フォローよろしくお願いします→


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください