伝え方で印象はグッと変わる


どうも、てるです。

最近伝え方で印象はずいぶんと変わるなと思ったことがあったので、紹介します。

今回の例えは、男性にはわかると思いますが、女性にはわかりづらいかもしれません。

すいません。

あと少し下品かもしれません。これもすいません。

では行きましょう!

男性小便器前の表記

男性がお〇っこをするとき、調度目線の高さにこんな表記があります。

「一歩前へ」

これはお〇っこの飛び跳ねを防止して、床を汚さないための対策です。

そしてこの表記には何個か型があると思います。

※完全に個人的見解です。

よく見かけるのはお願い型です。

「もう一歩前にお願いします」

こんな感じです。

あらかじめ感謝する感謝型のもあります。

「いつもより一歩前で、きれいに使ってくださりありがとうございます」

ときにはこんなキツイのもあります。

「あなた、一歩前に進みなさい」

命令型です。

なかなかのインパクトですよね。

お、おぉ・・・ってなります。

印象はどれがいい?

この「お願い型」「感謝型」「命令型」どれだと一歩前に進もうと思いますか?

一番効果があるのは、おそらく感謝型だと思います。

コンビニのトイレだと感謝型が多いですよね。

これらの文字を書いた人を想像してみてください。

ぼくが想像したのは、

  • お願い型:丁寧で冷静
  • 感謝型:笑顔がすてき
  • 命令型:無表情で怖い

こんな感じです。

みなさんはどんな印象を受けましたか?

新しい型

そして最近新しい型を発見しました。

ある水族館のトイレにこんな感じの表記がありました。

「あなたの立派なウツボをもう少し便器に近づけてください」

しかもウツボの絵付きです。

これを見たとき褒められた気がしました。もちろんいつもより少し近づきました(笑)

※多くの男性は同意してくれるはず・・・

これを書いた人は、ユーモアにあふれて楽しい人なんじゃないかなと思いました。

まとめ

便器の上に書いてある同じ効果を狙った、たった一文なのに、無表情で怖いという印象から、ユーモアを感じて褒められた気になることまで様々です。

このように使う言葉には人の印象を大きく変える力があります。

その印象はそれだけでなく、自分の人間関係に大きな影響を与えるはずです。

これほど強い力を秘めた言葉です。

少しでいいです。

自分がこういう言葉をかけてもらったらうれしいなと思う言葉遣いをしてみてください。

印象も変わるし、人間関係も変わってくるはずです。

ではでは!

ブログの更新情報やブログには載せられないことをtwitterで発信しています!

フォローよろしくお願いします→


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください