【おすすめ本】信じることの大切さを学ぶ


こんばんは てるです。

すっかり涼しくなってきて、読書の秋となってきました。

僕は読書が好きで、大体毎日なにかしらの本を読んでいます。

そうすると、おすすめしたいと思う本に出会うことがあります。

ということで、定期的にこれおすすめだなと思う本を紹介していこうと思います。

よろしくお願いします。

今回は信じるってやっぱり大切!て思った本を紹介します。

では早速いってみましょう。

子どもたちの光るこえ

子どもたちの光るこえ 著者:香葉村真由美 センジュ出版

この本は、教師や教師になりたい人、子育てをしている人に特に読んでもらいたいです。

もちろん誰でも感動するとてもおすすめしたい本です。

どんな本かというと、実在する女金八先生って感じの本かなと思います。

とにかく感動します。

電車で読んでて、涙を必死に抑えました。

泣ける場所で読むことをおすすめします。

子どもを信じて愛情を注ぐことで、子どもが大きく変化していくことがわかります。

信じてくれていると感じるからこそ、子どもたちは、その人のこえを聴きます。感じます。

そして、それを是非多くの人に感じてもらいたいです。

ぜひぜひ読んでください。

GRIT やり抜く力

GRIT やり抜く力 著者:アンジェラ・ダックワース ダイヤモンド社

この本は、自分の才能を信じることができない人に読んでもらいたいです。

「才能がないから自分にはできない」

など聞くことがあると思います。

またオリンピックなどを見て、

「やっぱ才能がある人は違うね」

とかも聞くことがあると思います。

何かを成し遂げる・成功するには才能がなければ無理だと思っていませんか?

実はこれ、間違いだったみたいです。

最近の研究で、成功する人の共通点が才能ではないことがわかりました。

そしてその成功する人の共通点とは、「やり抜く力」だったんです。

やり抜く力とはなんなのか?またその重要性だけでなく、どうしたら伸ばせるのかが本書には書いてあります。

自分の才能を信じる必要はありません。

いつかできるようになると自分を信じましょう。

そんな大切さを学べる本でした。

まとめ

〇子どもたちの光るこえ 香葉村真由美著 センジュ出版〇

教師、教師を目指している人、子育てをしている人に読んでもらいたい

子どもを信じ、愛することの大切さがわかる

〇GRIT やり抜く力 著者:アンジェラ・ダックワース ダイヤモンド社〇

自分の才能を信じることができない人に読んでもらいたい

成功するために必要なものが、才能ではなく、「やり抜く力」だということがわかる

ブログの更新情報やブログには載せられないことをtwitterで発信しています!

フォローよろしくお願いします→


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください