詳細プロフィールを書いて思ったこと

 

こんにちは、てるです。

やっとプロフィールを書きました。

詳細プロフィールはこちら

 

小さいころのことを思い出しながら書いていて、小さいころはエンジニアになりたいとか言ってたけど、実際は全然違ったなとかしみじみ思うことがありました。

将来の夢を聞かれるとき、高校生くらいまではずっと、

「何になりたいの?」

と質問されてきました。

大学、特に就活前は、

「どの企業?どんな業種?」

少し具体的?になっていったように思います。

ただ、この二つの質問は

「すでにあるものの中で変身するとしたらどれがいい?」

ってことですよね。

自分という存在から何かになる。選択肢は知っている分だけ。そんな感じ。

小さいころからそんな質問をされてきました。

何かになろうとして、就職して何かになった気でいて。

何かになった先を考えていなくて、そこで夢や目標は終了してしまう。

次がない。あとは怠惰で生きていく。

こんな人が意外と多いのではないかと思います。

 

一方、教育先進国のフィンランドでは、

「将来どうなりたいの?」

と質問して育てるそうです。

どうなりたいの?と質問されて、例えば

「みんなを笑顔にしたい」と答えたとします。

答えが少し抽象的ですが、職業を選択するにしても柔軟に幅が広がるような気がします。

また、既存の枠にとらわれず、新しいことに繋がるかもしれません。

さらに、笑顔にするということが夢なので、仕事に就いたり確立したときに終了ではなく、その先がしっかりあります。

 

「どうなりたいか」というのは、「どう生きたいか」ということです。

「何になりたい」は自分ではなく、別の何かを目指しているような気がします。

「どうなりたい」はあくまでも自分自身の成長を考えています。

 

色々書きましたが重要だと感じたのは、どう成長し、どう生きていくかです。

何かになろうとはせず、自分のままでいいんです。

だから、自分に問うときも子どもに問うときも、

「あなたはどうなりたいの?」

と言ったほうがいいんじゃないかなと思いました。

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください