【恋愛】恋を成就させるためのテクニックその3~親密・告白~

前回、前々回と恋を成就させるためのテクニックを紹介してきました。

恋を成就させるためのテクニックその1~出会い~

恋を成就させるためのテクニックその2~恋のきっかけ~

今回は最終回です。

親密になってデートをする、そして告白!この間に使える心理テクニックを紹介します。

それではいってみましょう!

親しくなる

効果的なほめかた

好きな人と会う機会が増えると相手のことも色々と見えてくると思います。

そんなとき良いと思ったところをほめる。これは良くあることだと思います。

このときにほめると喜んでもらえるポイントがあります。

それは、以前紹介したジョハリの窓で説明することができます。

このジョハリの窓で盲点の窓って覚えていますか?

これは、「本人は知らないけど、他人は知っている」という領域のことです。

この本人は知らない、つまり好きな人が自分では気づいていないようなところをほめるとかなり喜ばれます。

じゃーどうやってほめるところ見つけるのって感じですが、まったく言われたことがないようなことを探すのはなかなか難しいと思います。

なので「言われ慣れてなさそうなところをほめる」くらいの感じでいきましょう。

かっこいい人にかっこいいと言ったところで、それは慣れてしまっています。

細かい気遣いとかそういうところを見つけてほめてみてください。

好意は返ってくる

好きな人にそれとなーく好意を伝えることってありますよね。

実はこれ効果的なんです。

人は好意を伝えられると、好意をお返ししたくなります。

これを「好意の返報性」といいます。

好きな人には思い切って好意を伝えてください。

「会えてうれしい」とか久しぶりに会ったら「寂しかった」とかです。

相手に好意を抱いたきっかけをアンケートした結果では、3位になっているほどです。

お試しあれ。

ちなみに嫌悪も返ってきます。お気を付けください。

自分をさらけ出すと親密になりやすい

自分の内面や今まで経験してきたことなどを相手にさらけ出すことを「自己開示」といいます。

人はより深く知っている人に対して親近感を持ちやすいものです。

そのため積極的に自己開示していくことをおすすめします。

また、自己開示する内容は、悩み相談など自分の弱い部分をすると良いです。

悩み相談されると、特別感でますよね。

さらに、自己開示にも返報性があります。

自分が自己開示をしたら、相手も自己開示する確率があがります。

そこで、お互いに深く知っていってください。

ほめるポイントが見つかったりするかもしれませんよ。

自己開示の注意点

自己開示したほうが良いからと言って、自分のことばかり話をするのは良くありません。

相手も自己開示の返報性で話したくなっているかもしれません。

相手の話を聞くことも忘れずに!

さらに、返報性があるからといって、相手に自己開示することを要求しないことです。

大学時代、ある人と食事に行ったときに、好きな人に関して相談されました。

相談が一通り終えると、次はぼくの好きな人に関して質問されました。

そのときタイミングが悪いことに失恋したばっかりで、あまり話をしたくなかったので、あいまいに話をそらそうとしたら、「こっちが言ったのに言わないとかなくない?」と切れ気味で威圧してきました。

こんな無理やりな聞き出し方あるのか・・・とびっくりしたものです。

そして申し訳ないですが、一発で嫌いになりました。

何事も強制は良くないですね。

相手を真似すると好感度が増す

似たもの夫婦とか良く言いますが、仲がいい二人は、行動や言葉遣い、容姿までも似ている感じがしますよね。

これは「シンクロニー」と呼ばれるもので、相手との関係を続けたいという気持ちの表れです。

これを逆手にとって、好きな人からの好感度を上げる方法があります。

それは、「ミラー効果」というものなんですが、意識的に相手を真似る方法です。

真似るものは、しぐさ・表情・話し方・メールの文面や顔文字など、いろいろあります。

試してみてください。

ただ、あからさまな真似は良くありません。

さりげなく真似るのがポイントです。

いきなり直接会って真似るのが難しいと思う人は、メールなどで使う顔文字を似たようなものにすることから始めるといいと思います。

デート

誘い方

デートに誘うときって緊張しますよね。

もうストレートに「デートしましょう」って言えたら、好意も伝えられていいかもしれないけど、これって好きですって言っているようなものですよね。

なかなか言いづらいと思いますし、相手もOKを出しづらいかもしれません。

ここでは、好きな人がデートをOKしてくれる確立が上がる誘い方を紹介します。

フット・イン・ザ・ドア

これは、小さなお願いをして、承諾してもらったあとに、本題のお願いをするという方法です。一度承諾するとその後のお願いも聞いてもらいやすくなります。

例えば、何かわからないことを聞いて、教えてもらったあとに、お礼に食事でもどうかと誘ったりする方法です。

また、OKできないような大きなお願いをして、断られたあと、本題のお願いをするというドア・イン・ザ・フェイスという方法もあります。

一度断ると連続では断りにくくなりますよね。

ただこれは、ビジネス向けのようです。

理由を付け加える

ただお願いだけをするのではなく、理由を付け加えて誘うといいです。

「食事に行きませんか?」よりも「おいしいパスタ屋さん見つけたんで、一緒に行きませんか?」のほうがOKをもらいやすいです。

お誘いするときは理由も付け加えてみてください。

食事や環境の評価が自分の評価につながる

デートに行くことになったとして、おそらくごはんを一緒にたべることになると思います。

そのときに、好きな人の好きなものを選んだほうがいいです。

おいしいものを食べると気分がよくなりますよね。その気持ちが実は一緒にいる人の評価にも繋がります。

好きな人が食事に満足したら、その評価が自分にも重ねてくれます。

また、室温などの環境も大切です。この快適さも、評価につながります。

快適な場所を調べたり、羽織るものを用意しておくなどの配慮があるといいかもしれません。

すわる位置

面と向かって座るってなんか緊張しませんか?

リラックスしづらかったりしますよね。

そこで座るといいのが、机の角を使ってななめ45度に相手が居るような席を選ぶことです。

ただ、なかなかそんなシチュエーションないのが事実です。

また面と向かわないのは、カウンターなどの横並びも可能です。

しかし、横並びは距離が近く、初めてのデートの場合は緊張してしまうかもしれません。

そのため、最初の食事などは面と向かって話し、お互い少し慣れたころに、カウンターなどの横並びの席を選ぶといいです。

お互い距離も近づけるし、会話もしやすくなります。

最後の印象が残りやすい

終わりよければすべて良し。と言われるように、終わりが良いと、全部良かったような気がします。

終わりの印象は強く残ります。

そのため、デートの最後を良くする。または、デート後に「楽しかったね」などと連絡を入れるようにしましょう。

その記憶が強く残り、デートの印象が良くなります。

告白

いよいよ告白です。

みなさんはいつ告白しますか?どういう言葉で告白しますか?

タイミング

出会ってから告白するまでの以下の期間でどれが一番成功率が高いと思いますか?

  • 3か月以内
  • 3か月~6か月
  • 6か月~1年
  • 1年以上

この中で1番成功率が高いのは3か月以内です。

2番目は1年以上です。

1年以上は対象の期間も長いので一概に2番と言っていいのか疑問ですが、とにかく出会ってから比較的すぐに交際に発展する場合が多いようです。

友達のような恋愛をする人の場合は、3か月以内というのはあまりなさそうですが、多くの人は3か月以内を目安に、アプローチをかけてはいかがでしょうか?

告白のことば

どんな言葉で告白しますか?また、されたいですか?

告白の言葉って様々あると思います。

「好きです」「付き合ってください」とストレートに伝えたり、「君がいないとダメなんだ」とお願いしたり、「君と居ると幸せな気分になれる」と理屈を言ってきたりと様々です。

みなさんはどんな告白をしますか?

告白をするなら、単純に「好きです」や「付き合ってください」が一番良いです。

単純な言葉のほうが好感を持たれます。

キザな言葉を選んだり、理由をこねくり回すよりも、最後はストレートに勝負が一番です。

まとめ

  • ほめるときは、相手があまり言われ慣れていなさそうなことをほめる
  • 好意は返ってくるので、好意をしっかり伝えること
  • 自己開示してお互いのことを深く知ると、親近感が増す
  • 好きな人の言動などを真似ると好感度が増す
  • デートのお誘いは、小さなお願いをして、OKをもらってから本題のお願いをする
  • 食事の評価や環境は、自分の評価にも影響するため、相手の好きなものを選び、快適さにも配慮する
  • すわる位置はお互い慣れていないときは、ななめ45度、仲良くなったら横並びが良い
  • 終わりの印象を良くすることで、全部の印象を良くする
  • 告白は3か月以内が一番成功率が高い
  • 告白はストレートに単純な言葉で言う

いかがでしたか?

恋を成就させるためのテクニックって意外に多いたくさんあります。

自分にも使えそうなものをチョイスして是非使ってください。

好きな人と一緒になれるといいですね!

ではでは

ブログの更新情報やブログには載せられないことをtwitterで発信しています!

フォローよろしくお願いします→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください